ソイエの評価とクチコミ│引き抜き式の電動脱毛器レビュー

ソイエの評価とクチコミ

人気家電を数多く生み出してきたパナソニックだけあって、この商品も高い評価を得ています。ボディケア商品の「ソイエ」は機能も多彩で、特に口コミで高評価のポイントは、どこにでもある既存品レベルの電動カミソリとしか思っていませんでしたが、思った以上に肌がツルツルに仕上がった!なんてコメントや、ダブルディスクと可動ヘッドがあることで、とてもスムーズに脱毛できた!という評価も聞かれました。

ソイエ(ES-ED95)の機能詳細

現在人気となっている光脱毛器やレーザー脱毛器とは違い、今話題の電動式の毛抜き「ソイエ」について、その効果や機能、特徴などを調べてみました。実際どんな商品なのか、ご紹介していきましょう!電動の毛抜きでイメージする商品と言えば、電動の毛抜きの中でも一番名の知れた製品だと言えます。ノーノーヘアも有名ですが、ソイエと一緒の領域に入っている商品ですよね。

お風呂に入りながら脱毛できる♪

ソイエの特徴的な持ち味のひとつに、泡脱毛が可能な点でしょう。入浴のついでに手軽に、全身の脱毛が可能という事です。毛穴が開いている状態で、石鹸の泡で毛を浮かせて抜くことで、毛根から抜けるため、肌にほとんどダメージを与えずにすむそうです。無論、ドライ脱毛にも対応していますよ♪

新型「ダブルディスク」採用で時短脱毛!

ソイエ(ES-ED95)は毛を抜くディスク(回転部)が2つある「ダブルディスク」を採用しているので、今までよりももっと効率的に脱毛することが可能になり、短時間での脱毛を可能にしました。ディスク先端のツメが隙間なく噛み合うことで、短い毛や細い毛もしっかりと脱毛が可能であるという点も評価が高いですよね。

【今月開催中】キャンペーン

トリア4Xの評判と口コミについて

トリア4Xの評判と口コミ

トリアと同様に、トリア4Xも、レーザー脱毛に付き物の痛みがあります。それでも、減毛や除毛の効果自体には一応の満足を感じているケースが少なくない様子です。その痛みに耐えきれず、表面麻酔を個人輸入して使用している方もいるみたいです。トリアのメリットとしては、照射面積が狭いため、手指や足指に照射しやすいことが挙げられます。また、フラッシュ脱毛器と違って、カートリッジの交換不要という大きなメリットがあります。なお、バッテリーが消耗してきた際は、本体ごとメーカーに返送の上、工場でバッテリーを入れ替えてもらうことになります。レーザー脱毛器で早く脱毛したい人にとってはトリアが適した選択肢と言えます。

トリア4Xの機能詳細

トリアは、家庭用脱毛器の中でも珍しく、従来とは違い、レーザーを用いた脱毛器です。トリアの新機種であるトリア4Xの特徴をまとめてみたので、これから詳しくご説明していきます。

米国FDAの認可を受けた家庭用の脱毛器

トリア4Xの光源になっているのはダイオードレーザーで、これは医療レーザー脱毛の場合にも使われるものです。「医療用のレーザー脱毛器と光源が同じ!」と言われると、永久脱毛が出来るのでは?と感じる方も多いかもしれません。しかし、残念ながら家庭用脱毛器では永久脱毛はできません。なぜなら永久脱毛は日本の法律で医師が行わなければいけないものとなっているので、永久脱毛効果が無いのは明らかです。効果は永久ではないと言う点については、家庭用脱毛器は勿論脱毛サロンも同じです。毛を除く作業や毛を減らすことについては、他の家庭用脱毛器や脱毛サロンなどと同様に、減毛・除毛効果は期待できそうです。

いま開催中のキャンペーン

トリアプレシジョンのレビューと口コミ!

トリアプレシジョンのレビューと口コミ

トリアプレシジョンは多くの方から高評価を得ていますがが、その一方で、バッテリー持ちが悪いというコメントも見られました。また、「トリアプレシジョン」は充電しながらの使用に対応していません。充電が終わった状態でないと使うことができないので、使い終わったら必ず充電する癖をつける必要があります。レーザーの照射が充電中にも可能だったら大助かり間違いなしなのですが…。

トリアプレシジョンのスペック詳細

トリアプレシジョンは他の家庭用脱毛器と違う部分があり、ダイオードレーザー技術を応用した家庭用では唯一の脱毛器であると言う事です。この「トリア」の最新モデル「トリア4X」について詳しく調査しましたので、詳しくご紹介したいと思います。

アメリカFDAの認可を受けた脱毛器

「ダイオードレーザー」でトリアプレシジョンで脱毛で使用される医療レーザーが光の源です採用している光源が医療用レーザーと同じと聞くと、期待される部分が多いのが永久脱毛だと思いますしかしトリアプレシジョンは家庭用脱毛器なので、残念ですが永久脱毛はできないのです。その理由としては、日本の法律では、永久脱毛をするためには、医師免許が必要とされているからです。永久脱毛効果はないと思っておきましょう。このことは、トリアプレシジョンだけにいえることではなく、脱毛サロンや家庭用脱毛器全てにおいていえることです。永久脱毛はできませんが除毛や減毛については、脱毛サロンや他種の家庭用脱毛器に勝るとも劣らない程度と見込んでよいでしょう。

トリア4Xと比較して、コンパクトに♪

トリア4Xと比べると、トリアプレシジョンは重さが半分もありません。トリア4Xの重さは約600gと片手で持つには少々重く感じるものでしたが、トリアプレシジョンは200gまで軽くなり、手軽に脱毛を行えます。充電式脱毛器は、機器そのものが重いのが一般的です。そのため脱毛の際は操作しづらかったり、重くて腕が疲れたりしますので、脱毛器が軽いと、女性にとっても使いやすくて便利ですね!ただ難点を挙げると、軽量化によってバッテリー容量ももそれだけ小さくなってるようなので、充電時間がどれだけ持つのかが気になるポイントです。

終了間近のキャンペーン!!

光エステES-WH93の特徴と口コミや評判の解説!

光エステES-WH93の特徴解説

家で簡単にフラッシュ脱毛ができると、高評価を得ている国内製フラッシュ式美容器の使用方法や様々な機能、使用することでのメリットをご紹介しましょう。

照射面積が広くて、使いやすいのが特徴!

パナソニックの光エステ(ES-WH93)は、脇脱毛から脚脱毛まで様々な部分で使用可能な、IPL方式の家庭用脱毛器になっています。照射範囲が5.4?と比較的大きい為、一度に広い範囲を照射することができ、スピーディに脱毛処理が完了します。一度の照射範囲が広いということは、一度に広範囲が脱毛できるということですので、圧倒的に今までよりも脱毛にかけていた時間は短くなり、使用者の負担を軽くすることが可能になりました。

海外メーカーだつ不安ですよね…。

光エステ ES-WH93は日本で開発・製造されていますので安心のクオリティー。日本人の肌や毛質を考えて作られている点も嬉しいですね。海外の製品は、その国や地域に住む人の体質に合うように開発していることが多く、日本人が使用すると効果をえられず、肌トラブルを起こす可能性も否定できません。やはり、それぞれ人種が違えば毛質や肌質も異なってくるのは当然のことですし、その点からも、体毛の色素が薄い白人の方々には、フラッシュ脱毛の効果があまり無いとされています。なので欧米諸国では電気針脱毛がスタンダードなのです。日本人は日本人に合った脱毛器を使うことで、安全かつ効果的に使うことができます。脱毛による皮膚のトラブル(火傷・炎症・毛包炎など)を避けるという面でも、国内で研究発売された脱毛器の使用をプッシュしたいと思います。

顔の脱毛も!

パナソニックから販売されている「光エステ」は本体に顔専用のアタッチメントを取り付けることが出来るので、ボディケアだけでなくフェイスケアも自宅で行えるというメリットがあります。鼻の周辺の当てづらい所にも届くように出来ているので、顔の隅々のむだ毛をすべて処理してしまえるのです。顔のムダ毛がなくなると、肌がなめらかになり、顔色も明るく感じられ、ハリがでたりといった、顔を美しく見せる効果にも期待が寄せられています。脱毛+フェイシャルが一度にできる、この夏、大活躍間違いなしですね。

コスパ抜群の交換不要カートリッジ

PanasonicES-WH93のカートリッジはなんと10万回も照射できるので 、度重なる全身の脱毛を試みてもカートリッジ交換の必要性がほとんどありません。ランプカートリッジの交換は不要ともいえる、十分な照射回数なのも魅力の一つです。

光エステの価格

数多くある家庭用脱毛器と比較すると光エステは、4万円を切る価格で、大変お求めやすい価格設定になっています。上記でもお話しましたが、使用できる回数がおよそ10万回となっていますので、最大限のコスパが実現しているといえ、非常に素晴らしいと言えます。

光エステの口コミ・評判

パナソニックの光エステES-WH93は、価格と性能のバランスの良さから、主に20代からアラサーまでの女性の間で好評を得ている商品です。光エステを利用している方がの良い口コミと悪い口コミのそれぞれをチェックしていきましょう!光エステのコスパに満足という声が多い中、一部では、充電忘れると、クイックチャージを繰り返しても全身脱毛は辛すぎる。っていう口コミもあるようです。光エステの場合、毎回充電してもバッテリー寿命が短くならないそうなので、毎回ちゃんと充電すればOKです!トリアや光エステのような充電式脱毛器の場合、コードレスというのが最大のメリットです!やはり安心のパナソニックブランド♪コスパの良さに関する口コミが多く集まっているようですね!

光エステの価格情報・キャンペーン